「龍泉洞」子連れで家族観光してきました!洞内の様子やお土産など紹介!

龍泉洞入り口橋の龍

パワースポット好きなわたしが兼ねてより行きたかった岩手県の龍泉洞についに家族5人で行ってきました!

「龍泉洞ってどんなところ?」

「子連れでも龍泉洞は楽しめるのかな?」

「龍泉洞のお土産は何がいい?」

「近くの宿泊施設ならどこ?」

こんな疑問にお答えできると思います♪

※ちなみに5人家族は夫、私、小学校3年生の男の子、小学校1年生の男の子、幼稚園年中さんの女の子の5人です。




龍泉洞ってどんなところ?

「日本三大鍾乳洞」の一つに数えられる龍泉洞(りゅうせんどう)は岩手県下閉伊郡岩泉町にある鍾乳洞です。

龍泉洞の洞内に名所はいろいろとあるわけですけど、1番の名所はドラゴンブルーに輝く地底湖といっていいと思います。

龍泉洞には7つの地底湖があるらしいですが、実際に見学できるのは3つ。

龍泉洞 第3地底湖

こちらは水深が98mの第3地底湖の画像ですね♪

素人の撮影なのであまりうまく撮れていませんが、ドラゴンブルーに輝く地底湖に吸い込まれそうになりますよ!

ちなみに、未公開の第4地底湖は水深120mだそうです。

龍泉洞はカップルに人気のパワースポットだった

鍾乳洞観光のひとつの人気の要素は「鍾乳洞=パワースポット」というのがありますが、この龍泉洞は特にカップルや恋愛成就にもご利益があるパワースポットなんです。

言われてみると、カップルの観光客が結構多かった気がします。

龍泉洞はファッションデザイナーの桂由美さんたちが審査員を務めている「恋人の聖地選定委員会」に「恋人の聖地」として認定されているんです。

龍泉洞の入り口では「恋人の聖地」として認定する証として、地元のチェーンソーアート作家が作りあげた2匹の龍がハートマークを象る作品が出迎えてくれるんですよ!

龍泉洞 恋人の聖地 龍 ハート

子供たちはハート型というよりは龍の彫刻に反応していましたけど(笑)

さらに、龍泉洞内の「月宮殿(げっきゅうでん)」を奥側からみると、洞内の岩肌がハート型がみえてきたり、第3地底湖もよく見ているとハート型が見えてくるという話だったんですが、、

正直、よくわかりませんでしたけどね。(笑)

あと確か「百間廊下(ひゃっけんろうか)」の途中の地面にもハートの石のようなものが埋め込まれていましたよ!

龍泉洞内の見どころや子連れでの所要時間は?

子連れの私たち家族の龍泉洞での所要時間ですが、結論からいえば1時間くらいでしたね。

子供が興味を持つような見どころもあって1時間しっかり楽しめたのかなぁってのが感想ですね。

龍泉洞 温度

私たち家族が龍泉洞にいったときの天気は曇り模様でときどき雨がちらつくような天気でしたが、洞内の温度は11.2度と涼しく、夏場の入洞なら薄手の上着を1枚羽織って入洞することをおすすめします。

龍泉洞のパワーをいち早く感じたいので龍泉洞園を堪能する前に鍾乳洞内にさっそく入ってみます。

1枚羽織って入った龍泉洞内は涼しくて心地よい温度。

子供たちは暗闇に少し戸惑いますがすぐに闇にも慣れたようで、すぐにグングンと先に進んでいきます(笑)

龍泉洞内廊下

龍泉洞内にはものすっごく透明な地下水が結構な勢いで流れていて、その水流の音も何とも言えないんですよね。

そんな地下水の音を楽しみながら廊下を歩いていくと現れるのが、「亀岩」

です。

落盤によってできた形なんだそうですね。

まさに亀です。

子供たちも「おおぉー」って反応していました(笑)

龍泉洞 亀岩

こちらは「音無しの滝」です。

まるで鍾乳石が滝のような流れを演出している自然が作り出す造形物です。

こんな感じで龍泉洞内にはいくつもの自然の造形物があります。

龍泉洞 音無しの滝

こちらは「洞穴ヴィーナス」です。

龍泉洞 洞穴ヴィーナス

どうですか?

ヴィーナスが見えますか?

中央の黒っぽい窪み(影になっている部分)が女神様に見えるんですよ!

いやいや、鍾乳洞内でスマホで写真を撮るのが難しいんですよね。

子供たちに伝わったのかも正直、微妙ですw

そこからしばらく、歩くと「月宮殿(げっきゅうでん)」という広間にでます。

この「月宮殿」では不定期だそうですが鍾乳洞内でコンサートをすることもあるそうです。

月宮殿は龍泉洞の見どころのひとつですね!

「地蔵岩」や「守り獅子」といった自然の造形物も見ものです。

龍泉洞地蔵岩

こちらが「地蔵岩」です。

家族でしっかり拝んできましたが、本来はカップルや恋人成就を祈願する人が拝んでいるのでしょうね♪

でも、確かにこの地蔵岩からは存在感というか、パワーを感じました。

そしてこちらが龍泉洞を守っている「守り獅子」です。

龍泉洞 守り獅子

これはなんとなくわかっていただけるのではないでしょうか?

そしてこの「守り獅子」を抜けると龍泉洞に見どころの地底湖に着くわけですが、その前にしっかりと「月宮殿」を振り返りながら岩肌のハートを探すのも忘れずに。

私たち家族はよくわからず見つけられませんでしたがw

そして、龍泉洞のメインイベントといっていいでしょう。

地底湖ですね。

第1地底湖は水深35m、第2地底湖は水深38mとそれだけでもなかなかの深さだと思うのですが、第3地底湖に至っては水深98mですからね。

いや、自然の造り出す偉大さと迫力、そして何とも言えない心地よいパワーをビンビンに感じます!

龍泉洞 地底湖

こちらが第1地底湖。

スマホではこれが限界の画像でした。。

龍泉洞 第2地底湖

これが第2地底湖。

ドラゴンブルーにライトアップされた岩肌が幻想的ですね!

龍泉洞 第3地底湖

第3地底湖に至っては、もはやどこまで深く続いているのかわかりません。

ずーっと観ていると、吸い込まれそうになりますw

とにかく、私のイケてないスマホ画像より実際にナマで見た方がいいですね(笑)

で、第3地底湖を見終わると、次に待っているのが「三原峠」を通る全272段の階段を上るコースが待っています。

龍泉洞 階段

我が家のワンパクなお兄ちゃんたち(小学3年、小学1年)は、またまたハリキって階段を先陣切って登っていきましたが、小さな子どもは必ず手をつないだ方がいいですね。

木製の階段は湿気で滑るところもありますし、段差の角度が急できつめの場所もありましたよ。

階段の途中では岩泉のお土産で有名な山ぶどうを使ったワイン「宇霊羅(ウレイラ)」を貯蔵する貯蔵庫もあったりします。

龍泉洞内の安定した温度はワインの貯蔵に適しているようです。

私はお酒はあまり飲まないのですが、なるほどなぁって思いました。

龍泉洞 山ブドウワイン ウレイラ

コレですね。

岩泉町の道の駅やお土産屋さんには必ずおいてますね。

ちなみに、龍泉洞のお土産屋さんはちょっと高かったので、違う場所で買うのがベストですw

龍泉洞の「三原峠」の階段は登りから下りになり、「月宮殿」のあたりに戻ってきて、来た道を戻ります。

272段の階段でしたし、約1時間歩き続けたので子供たちもやや疲れ気味でしたかね。

でもでも、龍泉洞は子連れでも十分楽しめる岩手の観光名所といえると思いますよ!

龍泉洞の入場料やアクセスなど

龍泉洞の営業時間

5月~9月:8:30~18:00
10月~4月:8:30~17:00

龍泉洞の入場料

龍泉洞の料金

大人:1000円
高校生:1000円
小中学生:500円
幼児:無料

龍泉洞へのアクセス

住所:〒027-0501 岩手県 下閉伊郡岩泉町岩泉神成1番地1
TEL:0194-22-2566
Web:http://www.iwate-ryusendo.jp/

龍泉洞の駐車場

龍泉洞の駐車場は第1、第2、第3とあり全部で400台止めることが可能です。

おそらく入れないということはないんじゃないかなぁ。

龍泉洞のお土産は?

龍泉洞のお土産もいろいろとあるんですよね。

まず定番の龍泉洞の水。

龍泉洞の水

龍泉洞の水はモンドセレクション世界最高品質を受賞した水で、石灰岩層を駆け巡った水だけありカルシウム含有量は国内随一です。

ミネラル豊富な名水で有名ですね。

ただし、この龍泉洞の水は通販でも買えちゃうというね。

お土産を誰かにあげる場合には有難みはちょっと、、ね。

龍泉洞のコーヒー

龍泉洞の水を使用したコーヒーもお土産として売っています。

こちらは缶コーヒーで味はブラックとオリジナルブレンド、カフェオレもあるらしいです。

ココだけの話、実は私の旦那がコーヒーを飲みまして、味が薄いと言っていました。

私はコーヒーを飲まないので味はわかりませんw

ちなみにこちらも通販で購入できちゃいます。

職場のバラまきにはいいかも。

龍泉洞のヨーグルト

龍泉洞の近隣のお土産屋さんではヨーグルトを目にすることもあると思いますが、これは岩泉ヨーグルトで龍泉洞の水とかはあまり関係ないようですね。

でも、通常の3~4倍の発酵時間をかけた「低温長時間発酵」でもちもち感と生乳のあまい香りが残るやさしいヨーグルトに仕上がっているとのことです。

食べる価値はありそうですね。

コチラもネットで買えちゃいますw

龍泉洞のビール

龍泉洞ビール

龍泉洞の地ビール「龍泉洞ビール」はもちろん龍泉洞の水が原材料になっているビールですね。

こちらはしっかり飲ませていただきましたが、地ビールでは珍しく意表を突かれずっしりとした飲みごたえのある味わい。

私は結構好きなテイストのビールでした♪

結構お土産にいいかも。

龍泉洞の山ぶどうワイン「ウレイラ」

龍泉洞 山ブドウワイン ウレイラ

ワイン好きな方にはこの「宇霊羅(ウレイラ)」は外せないんじゃないですかね。

龍泉洞の水で作ったワインを龍泉洞の洞内の貯蔵庫で熟成させる。

う~ん。

買わなかったんですが飲んでみたいw

ちょっと後悔。。

龍泉洞の化粧水

自分のためのお土産や女性のお土産には龍泉洞の化粧水もいいのではないでしょうか?

龍泉洞の世界水準の高品質の良水を原料にした化粧水です。

しかも、コレはただのお土産向けに作った商品ではないですね。

3種のヒアルロン酸と11種のアミノ酸、9種の植物エッセンシャルオイルが配合され、アルコールフリー・パラベンフリー・無着色・無香料の4つのフリーとこだわった化粧水みたいなんです。

2017年5月には「龍泉洞の潤いジェル」も販売されています。

お値段もお手頃なので一度試す価値はあるかもですね。

ちなみに通販でも購入できちゃいますね!

龍泉洞で近場の宿泊施設

龍泉洞の近隣の宿泊施設といえば、

・龍泉洞温泉ホテル

・ホテル龍泉洞愛山

この2つが筆頭宿泊施設だと思われますが、私たち家族が泊まった宿泊施設は「ふれあいらんど岩泉」です。

住所:〒027-0502 岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂大向48
TEL:0194-22-5211
web:fureailand-iwaizumi.jp

龍泉洞から約8キロで車で17~8分といった場所です。

コテージを借りて屋根付きのテラスでバーベキュー(食材持ち込み)をして楽しみました。

ふれあいらんど岩泉はコテージのほかにもテントサイトやトレーラーハウス、ブルートレインの寝台列車に宿泊なんてこともできる宿泊施設です。

また、子供が大好きな遊具もたくさんあるのもうれしいところです。

人工芝のゲレンデではそりを使って遊べます。

子連れで龍泉洞に宿泊で行くのなら「ふれあいらんど岩泉」も個人的にはおすすめですね♪

まとめ

いかがでしたか?

我が家の龍泉洞の家族旅行の一例を交えながら龍泉洞観光について書いてみたんですが、龍泉洞に子連れで観光はどうなのかお悩みの方の参考になればうれしいですね。

龍泉洞観光の後には日本一長い鍾乳洞の安家洞観光もおすすめですよ!

関連記事:【旅行記】安家洞の見どころを紹介!家族5人で洞窟探検!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク